スタッフブログ

2016年3月21日
マイホーム関連の有利な税金の特例・制度2

【相続時精算課税制度】

20歳以上の子供が、60歳以上の親から贈与を受ける場合、通常は贈与税が課税されます。

ところが「相続時精算課税制度」を洗濯すれば、2.500万円までの贈与であれば、その時点で

贈与税は課税されず、相続時に相続税として税金が清算課税されることになります。

贈与税は相続税よりも税率が高いので、一般的なケースであれば、贈与税での課税よりも、

この相続時精算課税制度を洗濯したほうが是金は少なくなります。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2016年3月20日
マイホーム関連の有利な税金の特例・制度

【贈与税の特例 父母等からの贈与が非課税に】

 

直系尊属(父母・祖父母)から住宅取得資金の贈与を受けた場合、

2015年1月1ひから12月31日までなら贈与税の非課税枠が適用されます。

一般住宅は1000万円までの贈与が非課税となり、基礎控除110万円(年間)

と併用できます。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2016年1月6日
既存住宅の取引の留意点

東京都に寄せられる相談で、既存住宅の取引に関するものの特微的な内容として、

(1)雨漏りやシロアリ被害など建物や設備等の瑕疵

(2)容積率超過や接道条件など、再建築の条件

(3)他人の敷地内を経由している給排水の扱いや越境に関する

隣家との協定など買主が引き継ぐべき近隣との申し合わせ事項

などに関するものがあります。

これらの相談事例を踏まえて事前に確認すべき事項の多くは、

重要事項説明書や売買契約書に記載されています。

なお、売り主からの情報提供が不足していると、買主が契約の内容

や条件等を十分に確認していないことなどがトラブルの原因となっている

事例も見られます。

売主からの情報提供と買主の十分な確認がより安全で安心な取引につながります。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2016年1月4日
新耐震基準

【新耐震基準】

建築基準法(施行令)の改正により新しい耐震基準(いわゆる新耐震基準)が施工さ

れたのは、1981年(昭和56年)6月1日のことで、

この日以降に建築確認を受けた建物に対して新耐震基準が適用されています。

建築工事に着工するのは建築確認を受けた後のことですから、

その竣工時期で考えると、

木造一戸建住宅では早くても1981年9月~10月以降に完成した建物が新耐震基準

に該当する事になります。

マンションの場合はその規模にもよりますが、比較的小さめの建物でも通常は1年~

1年半程度の工事期間が必要です。

したがって、1981年6月に建築確認を受けたとしても、その竣工時期は早くて1982年

夏から秋頃ちなります。

1983年以降に竣工したマンションの場合には、新耐震基準に沿った建物である可能性

が高いものの、1982年中の施行では何ともいえないところです。

ちなみに、2005年(平成17年)の税制改正により、不動産取得税における中古住宅

の特例では、登記上の建築日付が1982年「昭和57年」1月1日以降の建物は新

耐震基準に適合しているものと、「みなす」ことになっています。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年12月26日
家を建てるなら!硬い地盤と軟らかい地盤?

家を建てる場合、硬い地盤と軟らかい地盤のどちらが良い地盤でしょうか。

大半の方は「硬い地盤」と答えるでしょう。しかし約半数の事故は、実は丘陵や台地に分布している

硬い地盤で発生しています。

通常、硬い地盤で家は沈下しません。しかし、丘陵や台地は傾斜している土地が多く、ここを平坦

にするために切土や盛土をします。この盛土が厄介で、盛土した部分は家を建てる前から沈下が始まって

いることが多いのです。雨が降るたびにそこしすつ土が締まっていく、「雨降って地固まる」という

ことわざの語源にもなった現象です。切土と盛土にまたがった土地は、この盛土の沈下により盛土側

に傾く沈下事故が非常に多く起きています。

盛土地盤で家を建てる場合は、盛土を十分に固めた上で、時間を空けて建築する事をお勧めします

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年12月14日
定期借家制度

【定期借家制度とは】

定期借家制度は、2000年(平成12年)3月1日から施行された、契約期間の満了により契約が終了する画期的な制度です。

現在は従来型の借家制度(普通借家制度)と、この定期借家制度えを洗濯できるようになりました。

【定期借家でも不安はない】

定期借家は期間の満了で終了しますが、2年~3年の期間が満了しても、さらに継続する事(再契約する事)

が一般になっているのです。

 

普通建物賃貸借契約とは

賃貸契約で多く見られるのが、「普通建物賃貸借契約」です。貸主から借主に対して、正当な理由なく契約更新の拒否や解約依頼をすることはできません。普通建物賃貸借契約の場合、貸主は、自分が住むことよりも不動産投資を目的として所有しているケースが多いのが特徴です。

契約の際に特別な書面が必要なく、口頭でも契約できるという手軽さもあり、長く貸し続けたい貸主はこの契約を選択します。また、借主にとっては好みの物件に住み続けられるという利点があります。


 

定期建物賃貸借契約とは

「定期建物賃貸借契約」とは、契約の更新がないことをあらかじめ特約した建物の賃貸借のことをいいます。2000年3月1日から借家法に加わった契約形態で、別名「定期借家」とも呼ばれます。この契約では、あらかじめ定めた期間が満了すれば、貸主は正当な理由がなくても契約更新を拒否することができます。つまり契約満了時の退去を大前提とした契約ができるのです。

そのため貸主側は契約時に、契約書とは別に、借主に対して公正証書の書面による契約内容の告知が義務づけられています。


 

定期建物賃貸借契約のメリットとは

借主がその物件を気に入っていても、契約期間の終了と共に退去しなくてはならない定期建物賃貸借契約。貸主にとって一方的なメリットのように見えますが、借主にとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。

借主にとってのメリットは、多くの普通建物賃貸契約で設定されている「更新料」が存在しない事が挙げられます。定期借家であっても、再契約を行うことが出来れば長く住み続けることも可能ですし、更新ではないため更新料がかかりません。

コストパフォーマンスの良さは、ひとつの住まいにこだわらない「賃貸借り換え派」にとっては大きな魅力ではないでしょうか。普通建物賃貸契約と異なり、契約期間内の賃貸借条件の変更もありません。「長期間借りたいから」という理由だけで、定期建物賃貸借契約の物件を候補から排除してしまうのももったいないもの。再契約可能としている物件も多くあるので、気になる物件があったら積極的に貸主に確認してみましょう。


 

契約の違いをきちんと理解していれば、「長く住むつもりだったのに契約満了で退去させられた」というアクシデントを回避することができます。交通やショッピングに便利な都心での賃貸暮らしを検討されているのなら、定期建物賃貸借契約の物件も候補として探してみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年12月6日
お得なサービス

当店では、会員様に以下のようなサービスをご用意しています。
・不動産会社しかアクセスできないデータベース(REINS)からの物件のご紹介
 ご来店時に今流通している95%ほどの物件情報を無料で閲覧できます。
・資金計画、住宅ローン無料相談会
 当社提携銀行(みずほ銀行)のご紹介や、フラット35のご説明など、
 お客様に,より有利な条件をご提示することが可能です。
・建築やリフォームのご提案
 当社提携ハウスメーカーのご紹介【住友不動産(株)注文住宅事業本部・
 ミサワホーム東京(株)】提携設計士等、ベストな設計やハウスメーカー
 のご提案、ご紹介いたします。
・提携弁護士による無料相談会
 相続など不動産取引を含む法律問題について詳しくお答えいたします。
 お一人様50分を実施しております。(事前に予約が必要となります。)
ご希望の場合は、どうぞお気軽にご連絡ください。
スタッフ一同、お力になりたいと考えております、宜しくお願い致します。
カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年12月4日
住宅ローン減税の概要

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。
この住宅ローン減税制度は、平成26年4月からの消費税率の引上げにあわせて、下表のとおり大幅に拡充されています。なお、申請は、住宅ローンを借入れる者が個人単位で申請します。世帯単位ではないことに注意してください。

適用期日 ~平成26年3月 平成26年4月
~平成31年6月※1
最大控除額(10年間合計) 200万円※2
(20万円×10年)
400万円※2
(40万円×10年)
控除率、控除期間 1%、10年間 1%、10年間
住民税からの控除上限額 9.75万円/年
(前年課税所得×5%)
13.65万円/年
(前年課税所得×7%)
主な要件
①床面積が50m2以上であること
②借入金の償還期間が10年以上であること

※1平成26年4月以降でも経過措置により5%の消費税率が適用される場合や消費税が非課税とされている中古住宅の個人間売買などは平成26年3月までの措置を適用。

※2長期優良住宅、低炭素住宅の場合はそれぞれ300万円(~平成26年3月)、500万円(平成26年4月~平成31年6月)。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年11月22日
用途規制のチェックポイント

都市計画法による地域地区の都市計画には多くの種類がありますが、

用途規制で代表的なものが、用途地域で都市利用を定める最も基本的なものです。

この土地利用計画がなければ、住宅地に大規模な工場や歓楽的な商業施設等が立

地し、良好な住宅環境の形成や保全をすることができないだけでなく、都市がス

プロール化(無秩序に拡大)することになります。秩序ある土地利用を図り、都

市を整然としたものにするためにも建築物の用途規制が重要ななります。

用途規制の調査では、都市計画法による地域区域の指定が図示されている「都

市計画」で取引対象地の指定状況をチェックし、その規制内容を関係法令で調査

した後、担当所轄の窓口で確認する事が重要です。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年11月14日
不燃化特区

【新たな助成制度等のご紹介】

 

・建て替え、除去などに関するご相談(無料)ができます。

 

・固定資産税・都市計画税の減免を受けらえます。

 

・老化建築物の戸建で建て替えに伴う費用を助成します。

 

・老化建築物の除去費用等を助成します。

 

 

世田谷区では、防災街づくりの一層の推進を図る為、東京都の機密地域不燃化10年プロジェクトに

基ずく不燃化特区制度を導入しました。

詳細は、ご遠慮なくお申し付け下さい。

 

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年11月9日
会員様へお得なサービス

当店では、会員様に以下のようなサービスをご用意しています。
・不動産会社しかアクセスできないデータベース(REINS)からの物件のご紹介
 ご来店時に今流通している95%ほどの物件情報を無料で閲覧できます。
・資金計画、住宅ローン無料相談会
 当社提携銀行(みずほ銀行)のご紹介や、フラット35のご説明など、
 お客様に,より有利な条件をご提示することが可能です。
・建築やリフォームのご提案
 当社提携ハウスメーカーのご紹介【住友不動産(株)注文住宅事業本部・
 ミサワホーム東京(株)】提携設計士等、ベストな設計やハウスメーカー
 のご提案、ご紹介いたします。
・提携弁護士による無料相談会
 相続など不動産取引を含む法律問題について詳しくお答えいたします。
 お一人様50分を実施しております。(事前に予約が必要となります。)
ご希望の場合は、どうぞお気軽にご連絡ください。
スタッフ一同、お力になりたいと考えております、宜しくお願い致します
カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年11月5日
「みどりとコミュニティを守り育む活動」に参加しませんか?

わかしたちのまち世田谷は、みどりや水辺などの自然環境や歴史のある

建物が数多く残され、魅力的で美しいまちです。

「世田谷トラストまちづくり」では、このかけがいのないまちの魅力を

未来へ引継ぎ、誰もが世田谷に住まう喜びを実感できるまちの実現をすす

めています。

財団では、多くの区民の方々と協力し、みどりとコミュニティを守り育む

活動をひろげています。

皆様もわたしたちとつながり、活動の輪をひろげていきませんか。

 

【ビジターセンター】

世田谷区成城4-29-1  TEL03-3789-6111

午前9時~午後5時  休館日:月・火曜日、年末年始

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年11月3日
世田谷区の自然のオアシス

【特別保護区】

樹林地や水辺地、生態的に貴重な自然が残されている民有地を「特別保護区」として、

現在4か所が区よりしていされています。「神明の森みつ池特別保護区」では、ゲンジボ

タルが自生する貴重な自然環境が残されています。

「経堂五丁目特別保護区」は住宅街のなか、樹林と湧水の池からなる貴重なオアシスです

。ボランティア団体の保全活動により樹木選定、下草刈り、落ち葉かきなどの管理作業の

ほか、一般開放の際には、来場者へ保護区の魅力を紹介する活動を行っています。

 

・神明の森みつ池特別保護区・・・成城4-20.22

・烏山弁天池特別保護区・・・・・北烏山4-30

・深沢八丁目無原罪特別保護区・・深沢8-13-16

・経堂五丁目特別保護区・・・・・経堂5-12-13

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月31日
市民緑地「小さな森」

「市民緑地」では、屋敷林などの樹林地を保全・公開しています。

現在、緑地ではボランティア活動を行っており、樹木の選定,花壇

管理、竹林での竹の間引きなど様々な作業を行っています。多く

の方々の参加によりみどりが守られています。

 

【ビジターセンター】

野川にそって広がる野川緑地広場の一角に建つオレンジの屋根が

目印の建物です。周辺の自然情報の発信や案内、ミニイベントなど

を行っています。また、管内には自然やまちづくりに関する図書コ

ーナーやシアタールーム、自然をテーマにした展示コーナーもあり

、どなたでもご利用いただけます。ぜひお立ち寄りください。

会館時間:午前9時~午後5時

休館日:月・火曜日、年末年始

成城 4-29-1  tel 03-3789-6111

 

「小さな森」では、個人所有のお庭を公開してます。ボランティア

の方々が来園者へのご案内やお庭の手入れなどをお手伝いしていま

す。公開は財団ホームページ等でご案内しています。ぜひお越しく

ださい。

【財団ホームページ】

http://www.setagayatm.or.jp/

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月29日
知っておきたい情報(地域共生の家)

「地域共生のいえ」は、家や建物のオーナーの考えにより、地域の人々が交流

する空間やまちの活動に活用するものです。現在17か所の個性豊かな取り組み

が各地域で展開されています。

 

「シェア奥沢」は、長年手つかずで放置されていたスペースを「お金で置き換え

られない価値を大切にし、共通の喜びを生み出す場」として地域にひらくことに

しました。居室と庭の整備は利用者さんの手によって進められ、今では多くの人

が集い、年齢や地域で限定されない交流が生まれています。

 

各「地域共生のいえ」によって、活動日や利用方法が異なりす。利用方法などに

ついてはお問合せください。

℡03-6407-3313

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月26日
楽しいイベント(緑地・公園・都市林)

自然が多く残されている緑地、歴史的な貴重な建物が残されている

公園をポランティア団体等と協力し7ヵ所を保全・公開しています。

イベントでは自然体験をはじめ園芸講習会なども行っています。財団

ホームページ等でご案内しています。ぜひご参加ください。

 

「桜丘すみれば自然庭園」では、区民運営グループ「世田谷すみ

ればネット」が管理運営を行っています。毎月実施される催しで

は、東京農業大学造園科学科の学生たちもスタッフに加わり、小

中学生を対象に季節に合わせた「お楽しみイベント」を開催して

います。ぜひご来援ください。

(1)フラワーランド(瀬田農業公園)・・・・瀬田5-30-1

(2)桜丘すみれば自然庭園・・・・・・・・・桜丘4-23-12

(3)成城三丁目緑地・・・・・・・・・・・・成城3-16

(4)岡本緑地バッタ広場・・・・・・・・・・岡本2-23

(5)瀬田四丁目広場・・・・・・・・・・・・瀬田4-41-21

(6)深沢二丁目広場・・・・・・・・・・・・深沢2-13-13

(7)成城五丁目猪俣庭園・・・・・・・・・・成城5-12-19

(8)松之木都市林・・・・・・・・・・・・・駒沢1-13-3

 

【桜丘すみれば自然公園】03-3420-2755

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月24日
園芸に関するご相談

屋敷林などの樹林地を保全する「市民緑地」、庭のみどりを公開する「小さな森」をはじめ、

貴重な動植物の生息環境や自然が豊かに残されている公園緑地等の保全再生、歴史的な建築物

の保全調査や相談、建物と庭園とが一体として守られた「身近な広場」の管理運営を行い、文化

の継承と暮らしを豊かにするための有効活動を進めています。

また、地域の緑化活動を支援する「3軒からはじまるガーデニング支援制度」をはじめ、フラ

ワーランドでは、花づくり教室や園芸講習会、園芸相談を行い、みどりの創出に取り組んでいま

す。

【フラワーランド園芸相談】 03-3707-7881 午前10時~午後4時

フラワーランドでは、年間2.000件を超す園芸に関するご相談があります。

樹木や草花等に関する様々な疑問や悩みにお答えしています。お気軽にお

問い合わせください。

【トラストボランティア募集中】03-6407-3311

世田谷区の「みどりや歴史的環境」を守り育むため、約600人の方がボラ

ンティアとして活躍しています。

活動に参加できる方を常時募集中です。詳しくは、お問合せください。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月22日
知って得する【安心安全の住まいづくり】

区民の皆様が安らぎや魅力を感じて住み続けられる住環境づくりを

すすめている事業です。

安心して住み続けられる住まいの提供として、区営、区立住宅、

せたがやの家の管理運営を行っているほか、区民の皆さんの住まいに

関するさまざまな相談をお受けする「住まいサポートセンター」を運

営しています。

「区営・区立住宅の居住サポート」

入居者の方が安心して住み続けられるよう、元気体操教室や花壇づくり

などを通じて入居者同士のォミュニティづくりを支援しています。また

高齢者入居者の住居支援として、見守り巡回訪問や防災教室の実施など

サポートを行っています。

「住まいサポートセンター」

高齢者の方、障害をお持ちの方、ひとり親世帯の住まい探しなどのご相談

のほか、マンションの維持管理や管理組合の運営、不動産の売買など、専

門家によるアドバスも行っています。お気軽にお問合せください。

【住まいサポートセンター窓口】

世田谷区役所第三庁舎1階 ℡03-5432-2532

月~金曜日 午前8時30分~午後5時

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月19日
平成27年度税制改正大綱のポイント

作年は12月に衆議院選挙があった影響で、年末ぎりぎりの12月30日に平成2年度税制改正大綱が発表されました。

住宅取得資金等贈与制度の拡充、住宅ローン全税とすまい給付金の適用延伸、さらに中古住宅の買い取り再販に

係る不動産取得税の軽減処置等が盛り込まれ、住宅取得マインドえお喚起し、マイホームがさらに購入しやすく

なるような改正内容になっています。(平成27年3月3日現在では、改正案です。)

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

2015年10月16日
マイホームと税金(印紙税)

マイホームを買ったとき、買った後にかかる税金

特例で税金が軽減されます。

 

【印紙税】

不動産の売買契約書で、記載金額が10万円を超え、2018年3月31日までに

作成されるものについては、軽減措置の対象になります。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ